成長たろう@筋トレ・資格ブログ

筋トレや会計士試験の勉強での知識を中心に皆さんに少しでも有益となるような情報を発信しています。

ダイエットの食事について【脂質と炭水化物を減らせ!】

f:id:muscle178:20190302055045j:plain

目次

ダイエットの食事について【脂質と炭水化物を減らせ!】

こんにちは成長たろうです。
今日はダイエットの食事管理について話していこうと思います。
基本の話をすると、ダイエットつまり体重を落とすには摂取カロリー<消費カロリーになる必要があります。

摂取カロリーとは、食事で取り入れるカロリーのことです。
消費カロリーとは、生活していく上で自然に消費していくカロリーや運動で消費していくカロリーのことです。

前に消費カロリーについて話した記事があるので、消費カロリーを増やすための運動についてはこの記事をご覧ください。
www.grow-up.life

今日は摂取カロリーにあたる食事について話していきます。
ぜひ参考にしてみてください!

1.脂質をとると太る理由は?

皆さんは三大栄養素というものを聞いたことはありますか?
タンパク質、脂質、炭水化物の3つが三大栄養素になります。
この中の1つである脂質ですが、実は脂質は1グラムあたりのカロリーが1番多くなっています
1グラムあたりのカロリーがタンパク質と炭水化物が4キロカロリーなのに対して、脂質は9キロカロリーです。
2倍以上です。
つまり、脂質ばかりをとっていると摂取カロリーが多くなってしまいます。
これが脂質をとると太る理由です。
まずはダイエットをするならば、脂質を減らすことから始めましょう

(例)

  • スナック菓子を減らす
  • パンに塗るマーガリンを減らす
  • 揚げ物を減らす
2.炭水化物を減らすことも重要!

1で脂質が1グラムあたりのカロリが1番ということを説明しました。
しかし、私たちが食事で1番多くとっているのは炭水化物です。
炭水化物の量を減らしましょう。

しかし、炭水化物を全くとらないダイエットをするのはおすすめできません
炭水化物を全く取らないとタンパク質の吸収がしにくくなってしまいます。
そしてタンパク質の吸収がしにくくなってしまうと筋肉に影響してきます。
筋肉が減りすぎてしまうと代謝が下がってしまいます。
それはどういうことかというと、生活する上で自然に消費されるカロリーが減ると言うことになります。
ダイエットは摂取カロリー<消費カロリーで成り立っているので、これは消費カロリーが減ってしまいダイエットには良くないことになります。
リバウンドも起こりやすくなってしまいます。
注意しましょう。

(例)

  • 白米の量を減らす
3.タンパク質はそのままでいいよ! 

2で少し話しましたが、タンパク質は筋肉を作るための大切な栄養素です。
私は、筋肉が減りすぎたダイエットはおすすめしていません。
タンパク質はしっかり取りましょう。
下の記事はおすすめのタンパク質の入っている食材です。
【おすすめ!】タンパク質を含んでいる食材5選

 

今日はダイエットにおける食事について話していきました。
最初は無理をせずに自分で続けていけるものを決めてやっていきましょう
では!