成長たろう@筋トレ・資格ブログ

筋トレや会計士試験の勉強での知識を中心に皆さんに少しでも有益となるような情報を発信しています。

腹筋ローラーを活かそう!【初心者向け】

f:id:muscle178:20190319180827p:plain

目次

腹筋ローラーを活かそう!【初心者向け】

こんにちは成長たろうです。
今日は腹筋ローラーについて話していきたいと思います。
今、腹筋ローラーは人気になってきているかなと思います。

私はダンベルを買うのと同時に腹筋ローラーを買いました。
今では立って腹筋ローラーをすることが出来るくらいにはなりました。
そんな私でも最初は立って腹筋ローラーはもちろん出来ませんでした
ほとんどの人が最初はそうだと思います。
そんな腹筋ローラーを始めたばかりの人やこれから始めたい人に向けて今日は腹筋ローラーの効果ややり方などについて話していきます。

1.腹筋ローラーは腹だけに効く種目ではないよ!

腹筋ローラーというと腹筋だけに効く種目だと思っている人が多いのではないでしょうか?
しかしそれは違います。
もちろん腹筋には効きますが、全身にも効果はあると私は思っています。
特に私が腹筋以外に効くなトと感じている場所は肩です。
最初は、肩に効くなというイメージなど全くありませんでした。

肩に効くと肩こりの改善にも繋がるかもしれませんね!
www.grow-up.life

2.最初はひざをついてやろう!

やり方の説明に入っていきます。
最初はひざをついてやるようにしましょう。
フォームは尻から頭までが一直線になるようにまっすぐローラーを前に転がしていきましょう。

よく間違ったフォームとしてお尻が動かずに1番高い位置になってしまうことがあります。
そうならないようにするためにも、お尻から下げていくイメージ、動かしてイメージが大切です。
こうしたフォームでやらないと腹筋への効き目が少なくなってしまいます。
しっかりとしたフォームをマスターしましょう。

ひざをつけてやるときに、ひざが痛くなる人はタオルなどをひいてやることをおすすめします。
もしくは、腹筋ローラーを買うとこのようなものが付いてくるのでこれを使うのがいいと思います。

f:id:muscle178:20190319183545j:image

 3.立ってやるときのコツは足幅を大きくとること!

慣れてきたらいよいよ立って腹筋ローラーをします。
立ってやるときのコツは足幅が1番重要だと私は思っています。
足幅を肩幅以上にとってやるのがおすすめです。
足幅が狭いとなかなか立って腹筋ローラーをするのは難しいと思います。

私はずっと足幅が小さい状態でやっていました。
この状態だといつまで経ってもなかなか腹筋ローラーを立ってやることが出来ません。
足幅をしっかりととってやるようにしましょう。

ちなみに私が使っている腹筋ローラーはこれです。

 

 

値段もお手頃なのでぜひ使ってみてください!

今日は腹筋ローラーについて話していきました。
腹筋ローラーは家でも手軽に出来るので「少しカラダを動かしたいな」と思っている方にはおすすめです。
ぜひ今日のコツを参考にしてみてください!
では!
www.grow-up.life