成長たろう@筋トレ・資格ブログ

筋トレや会計士試験の勉強での知識を中心に皆さんに少しでも有益となるような情報を発信しています。

【自重】スクワットの正しいやり方を覚えるにはこれだ!

スクワットの正しいやり方を覚えるにはこれだ!

f:id:muscle178:20190309044628j:plain

こんにちは成長たろうです。
今日はスクワットについて話していきたいと思います。
「スクワットはカラダにいいって聞くけどどうやっていいかわからない~」
という人も多いのではないでしょうか。

私も最初はスクワットのフォームをなかなかマスタ出来ませんでした。
そんな時に今日やっている方法を教えてもらい、スクワットのフォームを覚えることが出来ました。
今日紹介する方法をぜひ実践してみてください!
非常に簡単です!
目次

1.スクワットのフォームを正しく行わないと、、、

スクワットのフォームを正しく行わないとけ怪我をしてしまう可能性が高くなってしまいます。
腰や膝などの怪我が多いです。
せっかくカラダの健康のためやカラダを強くするためにやっているのに怪我をしてしまったら元も子もないですよね笑。
だからこそしっかりとしたフォームを今日覚えてしまいましょう。

2.かかとに手をつけよう!

f:id:muscle178:20190309052148j:image

下手くそな絵で申し訳ないですが絵も参考にしながら説明を読んでみてください。
横から見た絵です。

スクワットを初めてやるときにどうしても多い間違えがあります。
それは膝が前にででしまうことです。
スクワットの正しいフォームでは膝が前に動いてしまうのは正しくありません
それを直すためにかかとに手をつける方法をオススメします。

しゃがんでいくときに、かかとに手をひらが前に向く状態でつけます。

この方法にすると、膝が前に出にくくなります。
膝が前に出るとかかとに手がつきません。
この方法をまず試してみてください!

筋トレを習慣化させたい人はこちら!

3.後はお尻を後ろに下げる意識だけ!

f:id:muscle178:20190309053946j:image

かかとに手をつける方法をやってしまえば後はお尻の位置を正しくすればスクワットのフォームは正しくなります。
お尻を後ろへ下げる意識をしましょう。
こうすることでさらに膝が前に出にくくなると思います。

筋トレサプリオススメ!

3.まとめ

今日はスクワットの正しいフォームの覚え方を話していきました。
1つ目はかかとに手をつけること、2つ目はお尻を後ろへ下げる意識を持つことです。

この方法でスクワットのフォームをマスターしたら次の段階としてバーベルやダンベルを持ってやってみると負荷が強くなると思います。
ぜひやってみてください!
また今度いろんな脚トレのメニューも紹介していきます。
今日はこれで終わります。
では!
www.grow-up.life